借金が複数あって返済に四苦八苦 そんな日々からの脱却

債務整理

借金を整理することで返済もシンプルに


HOME >> 私は複数の消費者金融からお金を借りて



私は複数の消費者金融からお金を借りて


私は複数の消費者金融からお金を借りていたのですが、返済できなくなり、債務整理をせざるを得なくなりました。債務整理にも色々なやり方があって、私に行ったのは自己破産という方法だったのです。

一旦自己破産すると借金を清算することができるので、気持ちが楽になりました。銀行からお金を借りている時は、借金を整理しようとするとその口座での全取引が行えなくなることがあります。ですから、事前にお金を引き出しておいた方が無難です。

銀行は利益を失わないように、口座を凍結してそのお金を手放さないようにしてしまいます。
口座が凍結されるのはひどいことだと感じるかもしれませんが、銀行サイドからすれば、誰にも文句を言われる筋合いはないのです。

個人再生には何個かの不都合があります。一番は高額であるということで、減額した以上に弁護士に支払う費用が上回ったなんて事例もあります。
しかも、この手段は手続きが長い期間となるため、減額になるまでにかなりの時間がかかることがたくさんあります。任意整理を行ったとしても、たいしたデメリットなどないと考えてしまいがちですが、実際にはあるということを知っていますか。
それは、官報に載ってしまうということです。

つまりは、みんなに知られてしまう可能性もあるということです。それが任意整理の一番大きなデメリットだと言えるのかもしれません。複数の金融会社からの借り入れや2つ以上のカードローンをしている月々に返済する金額が大きくなって経済的な負荷になってしまう場合に債務整理で融資をすべてまとめて一つにすることで月々の返済金額を相当金額縮小することができるというたくさんのメリットがあるというわけです。個人再生をするにも、不認可となる場合が実在します。個人再生をするにあたり、返済計画案を出す必要がありますが、裁判所でこれが認められないと不認可として扱われることになります。普通の事ですが、認めてもらえなければ、個人再生はできません。債務整理をしたい場合、弁護士と話を詰めなければならないことが膨大にあります。弁護士を選ぶポイントとしては、相談しやすい弁護士を選ぶことが望ましでしょう。

相談会などで相談しやすい弁護士を選定するのもよいですし、周りの人の経験などを聞いて目安にしてみるのもいいかもしれません。



任意整理をした後に、いくらお金を使う理由があるからといって、消費者金融などで借入を申し込んだとしても。審査される際に通ることが出来ません。
一度でも信用情報機関のブラックリストに載った場合、登録が削除されるまでには5〜10年は必要になるため、以後であれば借り入れが出来ます。生活保護費を貰ってる人が債務整理をやることは出来なくはないですが、利用の方法については限られている場合が多いと思われます。



また、弁護士サイドも依頼を受けない場合もありますので、実際に利用できるのかを冷静に判断した上で、頼んでください。任意整理の後、任意整理の話し合いをした業者からお金を借りることはできなくなります。


でも、任意整理が終わった後、様々なところから借り入れたお金を返してしまったら、5〜10年も経過すれば、信用情報機関に記載された情報が消去されますので、その後はお金を借り入れすることができるでしょう。

関連記事です




Copyright (c) 2014 借金を整理することで返済もシンプルに All rights reserved.

▲TOP