借金が複数あって返済に四苦八苦 そんな日々からの脱却

債務整理

借金を整理することで返済もシンプルに


HOME >> 任意整理を行ったとしても、たいしたデメリットな



任意整理を行ったとしても、たいしたデメリットな


任意整理を行ったとしても、たいしたデメリットなどないと思われるかもしれませんが、実際にはちゃんとあるのを承知していますでしょうか。
それは官報に載るということです。



つまりは、みんなに知られてしまう可能性もあるということです。これが、任意整理というものの、最大のデメリットだという風に言えるかもしれません。

複数の金融機関からの借入や複数のカードで借入をしていると月々に返済する金額が大きくなって経済的な足かせになってしまう場合に債務整理でを行い、ローンをすべてまとめて一元化することで月々の返済額をかなり少なくすることができるというたくさんのメリットがあります。債務整理には再和解と呼ばれるものがあるのです。

再和解とは、任意整理の後に、もう一回交渉して和解にいたることです。
これは出来る時と出来ない時がありますので、可能か不可能かは弁護士に相談した後に検討してください。

借金が全部なくなるのが自己破産制度なのです。
借金で苦しんでいる人には喜ばしいことですよね。



しかし、当然メリットばかりではございません。無論、デメリットもあります。


家や車といった財産は全部手放さなければいけません。



そうして、十年間程度はブラックリストのほうに登録される為、新たな借金などは出来なくなるのです。


債務整理をしたことがある友人から事の成り行きをききました。
月々がずいぶん楽になったそうでとても良かったです。

自分にも数々のローンがありましたが、今は全て返し終えたので、自分とは無関係です。

債務整理には欠点も存在しますから、返済が完了していて良かったです。債務整理時には、弁護士と相談する必要があることがおびただしい数あります。弁護士を選ぶ方法としては、話し合いをしやすい弁護士を選ぶ必要があるでしょう。

相談会などで相談しやすい弁護士を選んでもよいですし、周りの人から体験談を聞いて参考にする方法もあります。
借金を返すあてがない場合、司法書士や弁護士にアドバイスを求め、債務をなくしてもらったり、軽くしてもらう自己破産や任意整理などの方法を選ぶことができます。

任意整理の中でも、自宅などを持ちつつ借金を返済する個人再生という手段もあります。

借りているお金の総額が減りますが、自己所有の住宅のローンなどは残りますので、注意がいります。個人再生の手続きをする仕方ですが、これは弁護士にお願いをするのが一番スムーズです。弁護士にお任せすることで、ほとんどの手続きを担当してくれます。途中で裁判所へ行くことになったり、債権者との話し合いをすることもありますが、大変なことは全て弁護士に頼ることができます。


私はお金を借りたことで差し押さえがありそうだったので財務整理をする事を決心しました。債務整理をしてみれば借金が大幅に少なくなりますし、差し押さえを免れられるからです。近所にある弁護士事務所で相談してみました。親切になって相談にのってくれました。



債務整理を行う際に必要な費用というのは、方法によっても大きく違いが出てきます。


任意整理のケースのように、1社それぞれを低い金額で利用可能な方法もあるのですが、自己破産みたいに、かなりの高額費用を支払わなくてはいけないものもあります。自ら出費を計算することも重要な事です。

関連記事です




Copyright (c) 2014 借金を整理することで返済もシンプルに All rights reserved.

▲TOP