借金が複数あって返済に四苦八苦 そんな日々からの脱却

債務整理

借金を整理することで返済もシンプルに


HOME >> 借金が多くなってしまって任意整理をする



借金が多くなってしまって任意整理をする


借金が多くなってしまって任意整理をする場合、また、新たに借金をしようとしたり、クレジットカードを作成しようとしても、信用機関にはそういった情報が残ってしまうため、審査に通らず、数年ほどはそのようなことを行うことはできないのです。借金癖がある人には、かなり辛い生活となるでしょう。
自己破産は特に資産がない人では、簡単な手続きで終わりますが、弁護士に頼まないと手続きを自分でするのはかなり困難です。

自己破産に必要な費用は平均で総額20〜80万円くらいと高額ですが、この費用は借金でまかなうことは不可能なので、ちゃんと確保してから相談する必要があります。


少し前、債務整理のうち自己破産という方法を選び、無事処理をやり遂げました。いつも思っていた返すことができない、さらに延滞したらどうなるんだろうという心配から解き放たれて、心が本当に軽くなりました。
こんなことなら、ずっと前に債務整理するべきでした。

お金を借りた額が多くなり、もう自分では返済が難しい場合に、債務整理が行われます。
返済不可能なほどの借金がある人は弁護士事務所や司法書士事務所で話を聞いてもらいましょう。
すると、裁判所で弁護士と債権者、裁判官が相談します。
月にいくらなら返済できるかなどを話し合い、その後の返済すべき金額が決定されます。私は多数の消費者金融から借金をしていたのですが、返すことができなくなって、債務整理することにしたのです。債務整理のやり方も色々あり、私がやってみたのは自己破産だったのです。一旦自己破産すると借金が清算され、負担が軽減されました。

任意整理が終わってから、お金が必要な理由がいかなるものであっても、消費者金融などでキャッシングを申し込んだとしても、審査される際に通ることが出来ません。ひとたび信用情報機関のブラックリストに載った場合、記載が抹消されるまでには5〜10年は必要になるため、その後になればキャッシングが可能です。


債務整理には多少の難点も起こりえます。



債務整理をするとクレジットカードなど、お金を借りることが困難になります。


つまり、お金を借り入れできない事態になり、現金のみでショッピングをすることになってしまうのです。

これはかなり大変なことです。債務整理のやり方は、色々あります。中でも最もさっぱりするやり方は、一括で返済することです。一括返済の良いところは、借金を一気に返し終えますから、その後の面倒な書類手続き等と返済が必要ないところです。理想的な返済方法であると言うことが可能です。借金がだんだん増えてしまった場合に、借金をしている人は、弁護士を通してお金を貸している人と話し合って、月々にいくら支払い可能なのか、返済する額を調整します。
これが任意整理と呼ばれるものですが、任意整理の際に、銀行口座が凍結されてしまうことがあります。

銀行口座にお金がまだある場合は債権者に持って行かれてしまうので、事前におろしておきましょう。

債務整理をしても生命保険を解約しなくても良いことがあるのです。

任意整理をしたとしても生命保険を解約しなくても良いのです。注意しなくてはならないのは自己破産をする場合です。



自己破産になった場合には裁判所から生命保険を解約するように指示される場合があります。

関連記事です




Copyright (c) 2014 借金を整理することで返済もシンプルに All rights reserved.

▲TOP